仕事内容や就職サイト

面接

主な仕事内容

医療業界に興味がある人であれば、MRという職業を聞いたことがある人は多いでしょう。MRは最近注目を集めている職種で、転職希望者も増えています。MRとはMedical Representaviveの略称で、日本語では医薬品情報担当者と呼ばれています。製薬企業に勤務して自社が販売する医薬品を適正使用させるために、医療従事者のもとに出向いて情報を提供する仕事をします。情報提供には医薬品の有効性や品質、安全性や使用方法などを正確に伝えます。また情報収集も大切な仕事で、販売された後は副作用情報などを収集してフィードバックさせることも大切な仕事となります。医薬品を扱う仕事であるため理系の人の仕事というイメージがありますが、文系出身者の方が多いといわれています。

就職サイトもあります

近年はMR職に関心を持つ人が増え、転職を希望する人も増えています。また文系出身者のMRも多いことから、全く違った職業を経験しながら転職するケースも少なくありません。MR職は医薬品を通じて人の健康を支える仕事であるため、やりがいを持つ人が少なくありません。また景気に影響されにくい製薬企業が転職先となるので、安定した仕事と収入を得られるのも仕事を続ける上で大きなモチベーションとなっています。転職を希望する人が増えていることから、MRに特化した転職サイトも運営されています。このようなサイトでは会員登録を行い自分の希望条件を登録すると、コーディネーターが希望条件に近い求人情報を紹介してくれる仕組みとなっています。面接の日程調整や条件面の交渉なども代わって行ってくれるというメリットがあります。